■FC2カウンター

■プロフィール

エル学

Author:エル学
(絵はひなたさんからのいただきもの)
やってる主なゲーム
(2017年5月時点)
・艦これ:リンガ(一応甲12)
・デレステ:中野有香P
・城プロ:たまに動画投稿します
・バンドリ:そこそこ
・花騎士:現在ログインのみ
・FEH:現在ログインのみ
・FF11:チャット専用

ツイッターはこちら

相互リンク、ブロ友歓迎
コメント等もお気軽に~

■カテゴリ
■最新コメント
■検索フォーム

■リンク
■ツイッター
【艦これ】エル学工廠 第3建造艦 利根 Part1
大型イベントを前にして盛り上がっているところに空気を読まずして突然始まるエル学工廠シリーズ

第三弾はアオシマの「重巡 利根」(1/700)となります。

なお、今回はPart1といいつつ箱を開けただけで実作業には入っておりませんw

お付き合いいただけるかたは続きをどうぞ~

(なお、過去作品の記事等はこちらをご参照ください)




第一弾は駆逐艦磯波、第二弾は軽巡神通ときましたので、第三弾は予告どおり重巡、そのなかでも個人的にお気に入りな利根姉さんの制作にとりかかることに致します。

1/700ウォータラインシリーズ No.331 利根(アオシマ)
MKI_TONE_01_01.jpg

いつもの渋いパッケージイラスト。
そして流石重巡ということもあって、ずっしりとしたシルエットとなっており、見た目は戦艦にかなり近い感じですね。

パッケージのお値段は正確な値段は忘れましたが1700円ぐらいだったかな。
長門のほうが箱の大きさも重さもあきらかに上ですがお値段はあまり変わらないご様子。
このへんの値段設定はよくわかりませんw

まぁ、お値段分以上はじっくり楽しませていただく予定なので細かいことは気にしない!w


さて、中身はどうなっているかというと


MKI_TONE_01_02.jpg


ん??

なんか部品すくなくない?^^;;

鶴さんのところの金剛のキット(スイマセン、勝手にリンク貼ります)を見てしまったあとだと余計にしょぼく感じていしまいますw


まぁ、そうはいっても重巡洋艦(いろいろあって書類上は軽巡らしいですがw)、船体を磯風、神通と並べるとこの通り。

MKI_TONE_01_03.jpg

やはりデカイ!

とりあえず、作る前から若干の物足りなさを感じましたがデカイ割には部品が少ないということで、重巡デビューする私には丁度よかったのかもしれませんNE

ちなみに、神通制作の際に神通はアオシマとフジミの2種類があり、アオシマのほうが評価が高いらしい(買ったのはフジミ)といった話をしましたが、どうやら利根もアオシマとフジミの2種類があり、今度はフジミのほうが評価が高いらしいですw

今回も下調べをしないで勢いで買ってしまいこのような結果に^^

評価の理由については、部品の精度等もありますが、特に気になったのはフジミの利根は専用のエッチングパーツやディティールアップパーツが販売されていてご予算に合わせて見栄えをよく出来るらしいのですが、アオシマのは限定版としてエッチングパーツ付きのものが販売されている関係で、通常版を買ってしまうとそのエッチングパーツとやらは入手できないということです。

私が買ったのは当然通常版です。
というかもう限定版はヤフオクとかでプレミアがついたお値段でしか入手できないようです;;

やはり人口がすくない業界ですのでこういうのがツライですよねぇ、艦船模型もっと流行れ!


とりあえず、キットをじっくり見た上で気になった点をいくつか。

25mm単装機銃が20門ありますが
MKI_TONE_01_04.jpg

一つ台座の付け根からポッキリ折れてますね。
もとから折れていたのか開封したさいに引っ掛けて折ったのか(多分後者)わかりませんが、これはよろしくないですね。。

これだけ多いと1つぐらい予備だったりしないかなと説明書をみましたがどうやら20個ぴったり使うご様子。

修理してつかうか、機銃のみ追加購入するかは今度買い物に行った時に決めようと思います。(フジミのディティールアップパーツとかがそのまま使えそうなので多分後者)


続いて気になる点として船体側面
MKI_TONE_01_05.jpg

写真のコメントのとおり、重巡といえば主砲に機銃に魚雷に偵察機と使い勝手の良さが魅力だとおもわれますが、その一つである魚雷についてあるべきはずの穴が完全にふさがっていますw

パッケージイラストではちゃっかり魚雷が書かれていますが、キットに魚雷パーツもありませんし完全に省略されてますな。
※イラストと製品は異なるところがあります。

このキットの制作ブログを見て回ったところ、本格的に作ってる人はここに無理やり穴を開けて、魚雷パーツもどっかから入手しているらしいので、ここはひとつ私もそのようにチャレンジしようと計画中です。


続いて偵察機
MKI_TONE_01_06.jpg

複葉の水上偵察機が2機ついているようです。
神通と同じで95式水上偵察機かなとおもいましたが、どうやらこれは零式水上観測機のようです。
艦これだったら大喜びの装備ですねw

そもそも機銃だらけということで、マリアナかレイテあたりの後期のイメージでこのような水上機をキットにいれてるのだとはおもいますが、私の中では利根の水上機といえば利根4号機(ミッドウェーでカタパルト不調により発艦が遅れたことで有名なあの水上機)ですので、ここは譲れません。

魚雷に続き、零式水上偵察機もどっかから入手してこようと思います。

と、まぁ、パーツが少なくて思ったより簡単そうな利根ですが、いつものように無駄にこだわって、じっくり楽しみながら作っていきたいと思います。

艦これの夏イベももうすぐ始まるため、実際の制作着手がいつになるかは怪しいですが、引き続きお付き合いいただければ幸いです!


<おまけ>

いつものようにヨドバシにいったら、かの有名なファイモールド社のパーツシリーズがディスプレイされており、その精度を見て下さいということでスタンドルーペで覗き込めるようになっておりました。

パーツの精度はもちろんすごかったですが、私はむしろこのスタンドルーペの見やすさに感動しましたw

持って帰るには大きそうだったのと、お店をみてまわっても同じ製品が売ってる気配がなかったため密林でゲットしました。
MKI_TONE_01_07.jpg


これで神通さんを覗くとこんなかんじに
MKI_TONE_01_08.jpg


細かい部品を扱う際に、顔を近づけないと(場合によっては顔を近づけても)よく見えないシーンも多々あるため、これはなかなか便利そうなアイテムです。

さっそく利根制作時に活用してみようとおもいます!

[ランキング参加中 記事が気に入ったら押してやってください]

にほんブログ村 ゲームブログ 艦隊これくしょんへ


【艦これ】艦船模型 | 22:19:41 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
ご紹介ありがとうございますw

1/700と1/350ではどうしても差が出てしまう上、1/350は気合を入れて開発する
スケールだけに更に差が出てしまうようですね。
ただ以前作ったフジミ製1/700愛宕に比べてもややパーツは少ないかもです。
でも練習には丁度いいかもですね。

魚雷に水偵への換装、相変わらずチャレンジ精神豊富ですね。
特に魚雷の搭載はどうやっていくのか興味深いところです。

夏イベと模型製作、どちらもやるのはきついですがお互い頑張りましょう!
ちなみにルーペの使い勝手もレビューしてもらえると嬉しいです(他人任せ)
2015-08-02 日 23:23:03 | URL | 鶴 [編集]
>鶴さん

インパクトが大きかったので勝手にリンクをはらせていただきましたw

やはりフジミは神通だけが特殊だったようで、戦艦から駆逐艦にいたるまでパーツの数は相当多いようですね。

魚雷の搭載方法はあまり深くかんがえていませんw
どうせ横からチラ見出来る程度なので、魚雷パーツ買ってきて適当につければいいかなと^^;

ルーペに興味を持たれましたかw
結構範囲が広いですし、なにより両手を模型に専念できるのがよさげです。
私は店頭で惚れたため同じのを買いましたがゴーグルタイプのもいいらしいです。

2015-08-03 月 00:02:58 | URL | エル学 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する